印象戦略とは

 
  • 外見、立ち居振る舞い、話し方など、どうすれば印象良く見えるかを、専門家の立場からアドバイスする手法であり、これを行うことで政治家、エグゼクティブなどが求める、自分のイメージもしくは他者に与えたいイメージを創り上げることができます。
  • キャステージの前身はイメージコンサルティング 「イメージコンサルタント」という存在を、最初に意識させた代表的な例として、常にあげられるのが1959年のアメリカ大統領選挙です。当時優勢とされていたニクソンを、年齢も政治経験も若いケネディが、若干40代前半で、逆転圧勝した背景には明確なイメージ戦略があったといわれています。
  • ケネディ陣営は徹底的にその若さをアピールしようと努め、陣営は、ケネディの髪型や服装はもちろん笑顔、歩き方、握手の仕方、効果的な反論のタイミングに至るまでアドバイスを欠かしませんでした。結果、初めてのテレビ政見放送はケネディのはつらつとした若さが映え、一方のニクソンは、見ている人に対して、老けて顔色が悪いという印象を強く与えたそうです。そしてJ・F・ケネディというアメリカ史上もっとも人気のある大統領が誕生しました。
  • それ以降、アメリカの政治家たちは専門家のアドバイスを受けるようになりましたし、大統領選挙では多数のイメージコンサルタントがつくことが常識になりました。スピーチにおいては声のトーンまで、体の動きに関しては視覚効果の角度まで分析してアドバイスをします。