キャステージが考える移民問題

キャステージが考える国際貢献
2015年1月26日
ママプロのご紹介
2015年2月26日

キャステージが考える移民問題

日本の移民政策についてどれだけ国内で報道されているのでしょう?何故日本は移民が少ないのか?なぜ日本は難民をあまり受け入れないのか?実際、日本お現状は以下です。

1:実際に選挙で票にならない政策なので、進まない

2:日本では移民と難民が一緒になってることが多い

3:在留外国人が増えたと言われるが300万人いない

政府試算では、現在の人口を維持するためには毎年20万人の移民を受け入れなければならないといいます。隣の人が95%以上日本人の日本にどうやってこの政策が定着するのでしょう。教育を変えるのにも10年はかかると言います。明日から解禁です、といって日本の環境が対応できるのか?このように票にならない重要な政策をどう扱うかというのは、今後の政策の課題です。この移民問題は、将来の日本の経済力に大きく関わってきます。大きな意味として、経済大国で行くのか、縮小するのかというところに関わってきます。われわれキャステージは、是非政治家の先生方に移民政策を取り上げてほしいと願っています。難民を受け入れるという事は、閉鎖的な日本の社会には難しいかもしれませんが、国際的に非難を浴びているのも事実です。もっとこの意味を、事実を日本社会に広めるべきだと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です